有事のドル買い(売り)(英語表記)Dollar buying for safe heaven

FX用語集の解説

有事のドル買い(売り)

戦争など有事の際に、世界の基軸通貨であるドルが買われることを「有事のドル買い」、逆にそのようなときにドルが売られることを「有事のドル売り」といいます。2001年9月11日の米国同時多発テロ、2003年3月19日の米軍によるイラク空爆の時には「有事のドル売り」が見られたのに対し、 2006年7月5日の北朝鮮によるミサイル発射、同12日のイスラエル軍のレバノン侵攻の時には「有事のドル買い」が見られました。

出典 (株)外為どっとコムFX用語集について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android