コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有事のドル買い(売り) Dollar buying for safe heaven

1件 の用語解説(有事のドル買い(売り)の意味・用語解説を検索)

FX用語集の解説

有事のドル買い(売り)

戦争など有事の際に、世界の基軸通貨であるドルが買われることを「有事のドル買い」、逆にそのようなときにドルが売られることを「有事のドル売り」といいます。2001年9月11日の米国同時多発テロ、2003年3月19日の米軍によるイラク空爆の時には「有事のドル売り」が見られたのに対し、 2006年7月5日の北朝鮮によるミサイル発射、同12日のイスラエル軍のレバノンを侵攻の時には「有事のドル買い」が見られました。

出典|(株)外為どっとコム
(C)2002-2010 Gaitame.com Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有事のドル買い(売り)の関連キーワード基軸通貨国際通貨スイスフラン有事立法クロスレートブレトンウッズ体制有事IMF体制基軸通貨(Key Currency)金・ドル本位制

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone