有効落差(読み)ユウコウラクサ

大辞林 第三版の解説

ゆうこうらくさ【有効落差】

水車に有効に作用する落差。総落差から、取入口と水車入口間の差などすべての損失を差し引いたものをいう。 → 落差

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆうこう‐らくさ イウカウ‥【有効落差】

〘名〙 水力発電所の放水面と取水口水面との落差から水路水圧管などにおける摩擦による損失落差を引いたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android