コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有殻アメーバ類 ゆうかくアメーバるいTestacea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有殻アメーバ類
ゆうかくアメーバるい
Testacea

原生動物門肉質虫亜門根足虫綱有殻アメーバ目に属する種類の総称。その名のとおり殻をもつアメーバ類で,殻はキチンまたは類キチン質,あるいは有機質基質などで,上に砂やケイ藻を付着させている。殻形は深い壺形で,殻下面中央にある殻口から葉状,糸状の仮足を出す。核は1~数個。有殻のままで二分裂をしたり出芽したりする。大部分は陸水産で,たとえばナベカムリ類は池沼,水たまりの泥土や水草の上を匍匐し,ツボカムリ類は池沼でプランクトン生活をする。 (→根足虫類 , 肉質虫類 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android