コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有知無知三十里 ユウチムチサンジュウリ

デジタル大辞泉の解説

有知(ゆうち)無知(むち)三十里

《「世説新語」捷悟から》知恵のある者とない者との差がはなはだしいことのたとえ。魏の曹操と楊修が曹娥の碑のそばを通ったとき、碑文の意味を、楊修はすぐ理解したが、曹操は30里行った後にやっとわかったという故事による。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆうちむちさんじゅうり【有知無知三十里】

〔世説新語 捷悟
知恵のある者と知恵のない者との差のはなはだしいことのたとえ。 〔曹娥の碑の背に書かれてあった句の意味を魏の曹操は理解できず、三十里行ったときにやっとわかったが、彼に従っていた楊修は即座に理解したという故事から〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

有知無知三十里の関連キーワード有知・有智

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android