有知無知三十里(読み)ゆうちむちさんじゅうり

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆうち【有知】 無知(むち)三十里(さんじゅうり)

(中国、後漢末に、魏の曹操が楊修とともに曹娥の碑のそばを通ったとき、碑の背に記された「黄絹幼婦外孫韲臼」の八字の意を、楊修はすぐに悟ったが、曹操はそれから三〇里行った後にやっと解き、自分の才は卿に三〇里及ばないといったという「世説新語‐捷悟」に見える故事から) 知恵のある者と知恵のない者との差のはなはだしいことをたとえていった語。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

有知(ゆうち)無知(むち)三十里(さんじゅうり)

《「世説新語」捷悟から》知恵のある者とない者との差がはなはだしいことのたとえ。曹操と楊修が曹娥のそばを通ったとき、碑文味を、楊修はすぐ理解したが、曹操は30里行った後にやっとわかったという故事による。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android