有限小数(読み)ユウゲンショウスウ

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうげんしょうすう【有限小数 finite decimal】

2.246のように有限で終わる小数を有限小数という。2.246はと等しく,既約分数で表せばで,分母は500=22・53である。このように,有限小数は一般に有理数であり,既約分数で表したときに,分母は2α5β(α,β≧0)という形をしている。逆に分母が2α5βとなる有理数が与えられたとしよう。例えばを考えよう。400=24・52だからα=4,β=2で,α-β=2だから分子分母に52をかけるととなり,したがってこれは有限小数0.7275と等しくなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆうげん‐しょうすう イウゲンセウスウ【有限小数】

〘名〙 小数点以下の桁数がある限りのある位に至って終わる小数。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の有限小数の言及

【小数】より

…小数点の次の位置を小数第1位,その次を小数第2位などという。1.75はを表すが,このように有限で終わるものを有限小数という。1/7=0.142857142857……のように無限に続くものを無限小数という。…

※「有限小数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android