朔日丸(読み)ツイタチガン

デジタル大辞泉の解説

ついたち‐がん〔‐グワン〕【朔日丸】

江戸時代、毎月1日に服用すれば妊娠しないとされた薬。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ついたちがん【朔日丸】

江戸時代、女性が月の一日目に飲めばその月は妊娠せぬといわれた丸薬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ついたち‐がん ‥グヮン【朔日丸】

〘名〙 江戸時代避妊薬の一つ。毎月一日に服用すればその月中は妊娠しないとして、広く用いられたという。ついたち。
※雑俳・柳多留‐初(1765)「霜月の朔日丸は茶屋で飲み」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の朔日丸の言及

【避妊】より

…おもなものは次のとおりである。(1)朔日丸(ついたちがん) 毎月1日に飲めばその月は妊娠しないといわれた。引札に〈代百文〉とある。…

※「朔日丸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android