霜月(読み)シモツキ

デジタル大辞泉の解説

しも‐つき【霜月】

陰暦11月の異称霜降月 冬》「―や日まぜにしけて冬籠/去来

そう‐げつ〔サウ‐〕【霜月】

霜と月の光。
霜の降りた夜の、冷たく澄んだ月。
陰暦11月の異称。しもつき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

霜月

一一月。降月(しもふりつき)の

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

しもつき【霜月】

陰暦11月の異名。 [季] 冬。

そうげつ【霜月】

霜の降りた寒い夜の月。
陰暦11月の異名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

霜月
しもつき

陰暦11月の異称。だいたい陽暦の12月にあたる。この月になると霜がしきりに降るから霜降月といったのが、霜月に転じたといい、露ごもりの葉月、神楽(かぐら)月、雪待月などともいう。冬も深みゆく季節で、まだ極月(ごくげつ)師走の慌ただしさは世間にもみられず、冬の季節に入ったことをしみじみと味わう日々が続く。歌舞伎(かぶき)の世界では、この月の1日を顔見世といい、元旦(がんたん)の心でこの日を祝うが、これは中国古代の周の風俗に倣ったものともいい、周正(しゅうせい)、周の正月などの名もある。[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しも‐つき【霜月】

〘名〙 陰暦一一月の異称。霜降月(しもふりづき)。霜見月。《季・冬》
※書紀(720)神武即位前(北野本室町時代訓)「十有一月(シモツキ)の癸の亥朔己巳のひ」 〔色葉字類抄(1177‐81)〕

そう‐げつ サウ‥【霜月】

〘名〙
① 霜と月の光。
② 霜夜のさえざえとした月。
※菅家文草(900頃)四・庚申夜述所懐「故人詩友苦相思、霜月臨窓独詠時」
※金刀比羅本保元(1220頃か)下「燕子楼の霜月(サウゲツ)に夜々心を傷しむ」 〔王勃‐寒夜懐友雑体詩〕
③ 陰暦一一月の異称。しもつき。
※春林本下学集(室町末)「霜月 サウゲツ シモツキ 此月霜始降也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

霜月の関連情報