霜月(読み)シモツキ

デジタル大辞泉の解説

しも‐つき【霜月】

陰暦11月の異称降月。 冬》「―や日まぜにしけて冬籠/去来

そう‐げつ〔サウ‐〕【霜月】

霜と月の光。
霜の降りた夜の、冷たく澄んだ月。
陰暦11月の異称。しもつき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

霜月

一一月。霜降月(しもふりつき)の

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

しもつき【霜月】

陰暦11月の異名。 [季] 冬。

そうげつ【霜月】

霜の降りた寒い夜の月。
陰暦11月の異名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

霜月
しもつき

陰暦11月の異称。だいたい陽暦の12月にあたる。この月になると霜がしきりに降るから霜降月といったのが、霜月に転じたといい、露ごもりの葉月、神楽(かぐら)月、雪待月などともいう。冬も深みゆく季節で、まだ極月(ごくげつ)師走の慌ただしさは世間にもみられず、冬の季節に入ったことをしみじみと味わう日々が続く。歌舞伎(かぶき)の世界では、この月の1日を顔見世といい、元旦(がんたん)の心でこの日を祝うが、これは中国古代の周の風俗に倣ったものともいい、周正(しゅうせい)、周の正月などの名もある。[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

霜月の関連情報