コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霜月 シモツキ

デジタル大辞泉の解説

しも‐つき【霜月】

陰暦11月の異称降月。 冬》「―や日まぜにしけて冬籠/去来

そう‐げつ〔サウ‐〕【霜月】

霜と月の光。
霜の降りた夜の、冷たく澄んだ月。
陰暦11月の異称。しもつき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

霜月

一一月。霜降月(しもふりつき)の

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

しもつき【霜月】

陰暦11月の異名。 [季] 冬。

そうげつ【霜月】

霜の降りた寒い夜の月。
陰暦11月の異名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

霜月
しもつき

陰暦11月の異称。だいたい陽暦の12月にあたる。この月になると霜がしきりに降るから霜降月といったのが、霜月に転じたといい、露ごもりの葉月、神楽(かぐら)月、雪待月などともいう。冬も深みゆく季節で、まだ極月(ごくげつ)師走の慌ただしさは世間にもみられず、冬の季節に入ったことをしみじみと味わう日々が続く。歌舞伎(かぶき)の世界では、この月の1日を顔見世といい、元旦(がんたん)の心でこの日を祝うが、これは中国古代の周の風俗に倣ったものともいい、周正(しゅうせい)、周の正月などの名もある。[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

霜月の関連キーワード保呂羽山波宇志別神社杵屋弥十郎(2代)ほろわの里資料館霜降り月・霜降月二階堂行景田の神送り佐々木氏信湯立て神楽河崎蘭香北条業時安達盛宗足助重氏京極宗綱湯立神楽無外如大霜月神楽足助重範安達泰盛下り役者綺羅の刻

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

霜月の関連情報