コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

望月初子 もちづき はつこ

1件 の用語解説(望月初子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

望月初子 もちづき-はつこ

1895-1988 明治-昭和時代の長唄囃子(はやし)方。
明治28年11月1日生まれ。7代望月太左衛門の娘。14歳で父の代稽古をはじめ,女流鳴物連を結成して女性鳴物師の立場を確立する。小鼓演奏家,長唄協会相談役としても活躍した。昭和63年6月3日死去。92歳。東京出身。本名は浅倉ハツ。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

望月初子の関連キーワード深刻小説日清戦争竹下登内閣植物生理学観念小説文芸倶楽部板場真二望月太左衛門香西かおり北山雅康

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

望月初子の関連情報