コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

望月木節 もちづき ぼくせつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

望月木節 もちづき-ぼくせつ

?-? 江戸時代前期の医師,俳人。
近江(おうみ)(滋賀県)の人。松尾芭蕉(ばしょう)の門人で,師の臨終の床によばれて看護。薬効なく,他の医師の治療をもとめようとしたが,芭蕉は最後まで木節の薬方をのぞんだという。編著に宝永元年(1704)刊「八幡奉納集」など。別号に稽翁。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone