コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

望月木節 もちづき ぼくせつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

望月木節 もちづき-ぼくせつ

?-? 江戸時代前期の医師,俳人。
近江(おうみ)(滋賀県)の人。松尾芭蕉(ばしょう)の門人で,師の臨終の床によばれて看護。薬効なく,他の医師の治療をもとめようとしたが,芭蕉は最後まで木節薬方をのぞんだという。編著に宝永元年(1704)刊「八幡奉納集」など。別号に稽翁。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

望月木節の関連キーワード俳人近江

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android