コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝霧の(読み)アサギリノ

デジタル大辞泉の解説

あさぎり‐の【朝霧の】

[枕]
朝霧の中でぼんやりとしか見えない意から「おほに」「乱る」「思ひまどふ」にかかる。
「―おほに相見し人ゆゑに」〈・五九九〉
朝霧が八重に立つ意から「やへ」「立つ」にかかる。
「―八重山越えて」〈・一九四五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あさぎりの【朝霧の】

( 枕詞 )
朝霧に物がかすんでおぼろに見えることから「おほに」にかかる。 「 -おほに相見し人ゆゑに/万葉集 599
朝霧が幾重にも立つことから、「八重」にかかる。 「 -八重山越えて/万葉集 1945
乱れ散って晴れるので「乱る」にかかる。 「 -乱るる心/万葉集 4008

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝霧のの関連情報