コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝霧の アサギリノ

デジタル大辞泉の解説

あさぎり‐の【朝霧の】

[枕]
朝霧の中でぼんやりとしか見えない意から「おほに」「乱る」「思ひまどふ」にかかる。
「―おほに相見し人ゆゑに」〈・五九九〉
朝霧が八重に立つ意から「やへ」「立つ」にかかる。
「―八重山越えて」〈・一九四五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あさぎりの【朝霧の】

( 枕詞 )
朝霧に物がかすんでおぼろに見えることから「おほに」にかかる。 「 -おほに相見し人ゆゑに/万葉集 599
朝霧が幾重にも立つことから、「八重」にかかる。 「 -八重山越えて/万葉集 1945
乱れ散って晴れるので「乱る」にかかる。 「 -乱るる心/万葉集 4008

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

朝霧のの関連キーワード越前大野城幌加内そば大原さやか天気俚諺恋ひ渡る神田理江八重山夜昼峠万葉集霞城寿

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝霧のの関連情報