朝霧の(読み)アサギリノ

デジタル大辞泉の解説

あさぎり‐の【朝霧の】

[枕]
朝霧の中でぼんやりとしか見えない意から「おほに」「乱る」「思ひまどふ」にかかる。
「―おほに相見し人ゆゑに」〈・五九九〉
朝霧が八重に立つ意から「やへ」「立つ」にかかる。
「―八重山越えて」〈・一九四五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あさぎりの【朝霧の】

( 枕詞 )
朝霧に物がかすんでおぼろに見えることから「おほに」にかかる。 「 -おほに相見し人ゆゑに/万葉集 599
朝霧が幾重にも立つことから、「八重」にかかる。 「 -八重山越えて/万葉集 1945
乱れ散って晴れるので「乱る」にかかる。 「 -乱るる心/万葉集 4008

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あさぎり‐の【朝霧の】

(朝方に立つ霧のように、の意で)
朝霧が深くて物がおぼろに見えるところから「おほ」にかかり、また「迷(まと)ふ」「乱る」にかかる。
万葉(8C後)四・五九九「朝霧之(あさぎりの)おほに相見し人ゆゑに命死ぬべく恋ひわたるかも」
※万葉(8C後)一七・四〇〇八「安佐疑理能(アサギリノ) 乱るる心 言(こと)に出でて 言はばゆゆしみ」
② 朝霧が深く立つところから、「八重山(やへやま)」にかかる。
※万葉(8C後)一〇・一九四五「旦霧(あさぎりの)八重山越えてほととぎす卯(う)の花辺から鳴きて越え来ぬ」
③ 霧が流れ通うところから、「通ふ」にかかり、朝霧が立つ意で「立つ」にかかる。
※万葉(8C後)二・一九六「ぬえ鳥の 片恋妻 朝鳥の〈一云 朝霧(あさぎりの)〉 通はす君が」
※源氏(1001‐14頃)明石「嘆きつつあかしの浦にあさ霧のたつやと人を思ひやるかな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝霧のの関連情報