八重(読み)やえ

精選版 日本国語大辞典「八重」の解説

や‐え ‥へ【八重】

〘名〙
① 八つ重なっていること。転じて、数多く重なっていること。また、そのもの。
※古事記(712)下・歌謡「大君の 心を緩(ゆら)み 臣の子の 夜幣(ヤヘ)の柴垣 入り立たずあり」
② 特に、花片が幾片も重なっていること。また、その花。重弁。
※万葉(8C後)二〇・四四四八「あぢさゐの夜敞(ヤヘ)咲くごとくやつ代にをいませわが背子見つつしのばむ」
③ 江戸時代、吉原の遊里で、遊女に客がないこと。「菅原伝授手習鑑」の桜丸の妻八重が、夫の切腹によって一人とり残されたところからいう。
※洒落本・廓節要(1799)「『お茶をひいた事を八重(ヤヱ)といふじゃアねへか』『一人取のこされかおきゃアがれ』」

や・える やへる【八重】

〘自ハ下一〙
① 重なる。幾重にも重なる。
※雑俳・天狗七部集(1847)「出して来る火桶・お気の短かい用が八重る」
② 満ちる。特に、潮が満ちる。満潮となる。
随筆・孔雀楼筆記(1768)三「快晴の潮やゑたるとき、陸より望見れば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「八重」の解説

や‐え〔‐へ〕【八重】

八つ重なっていること。転じて、数多く重なっていること。また、そのもの。「七重のひざ八重に折る」
花びらが数多く重なっていること。また、その花。重弁じゅうべん。「八重椿つばき

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「八重」の解説

八重 (ヤエナリ)

植物。の短い頭豆。フタナリマメの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android