朝香宮妃允子(読み)あさかのみやひ のぶこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝香宮妃允子 あさかのみやひ-のぶこ

1891-1933 明治天皇の第8皇女。
明治24年8月7日生まれ。母は園祥子。妹の泰宮(やすのみや)(東久邇聡子(ひがしくに-としこ))と麻布御殿でそだつ。明治43年朝香宮鳩彦(やすひこ)王と結婚,2男2女を生んだ。昭和8年11月3日死去。43歳。幼称は富美宮。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android