朝香宮妃允子(読み)あさかのみやひ のぶこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝香宮妃允子 あさかのみやひ-のぶこ

1891-1933 明治天皇の第8皇女。
明治24年8月7日生まれ。母は園祥子。妹の泰宮(やすのみや)(東久邇聡子(ひがしくに-としこ))と麻布御殿でそだつ。明治43年朝香宮鳩彦(やすひこ)王と結婚,2男2女を生んだ。昭和8年11月3日死去。43歳。幼称は富美宮。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android