東久邇聡子(読み)ひがしくに としこ

  • 東久邇聡子 ひがしくに-としこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1896-1978 明治天皇の第9皇女。
明治29年5月11日生まれ。母は典侍園祥子。大正4年東久邇宮稔彦(なるひこ)と結婚。第二次大戦後,の東久邇宮は初の皇族内閣を成立させたが,2ヵ月で総辞職皇籍を離脱し,夫の事業失敗もかさなって苦難の時期を経験した。昭和53年3月5日死去。81歳。幼称は泰宮(やすのみや)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android