コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝鮮殖産銀行 ちょうせんしょくさんぎんこう

1件 の用語解説(朝鮮殖産銀行の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうせんしょくさんぎんこう【朝鮮殖産銀行】

朝鮮総督府の制令にもとづき,朝鮮各地に分立していた農工銀行6行を合併して1918年に設立された特殊銀行。従来の農工銀行が資金力弱体で農工業部門への拓殖長期資金の貸付けが不十分であったために設立された。払込資本金の10倍(のち15倍)を限度とする債券発行で原資を得,朝鮮内のおもに農業部門への貸付けを行った。とくに朝鮮産米増殖計画とのかかわりが大きく,東洋拓殖株式会社とともにその推進機関とされた。農事改良,土地改良ならびに水利事業への貸付けがとくに多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

朝鮮殖産銀行の関連キーワード京城帝国大学朝鮮人強制連行朝鮮総督府朝鮮総連総督府朝鮮総督統監府有光教一牛丸友佐竹尾義麿

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone