朝鮮殖産銀行(読み)ちょうせんしょくさんぎんこう

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうせんしょくさんぎんこう【朝鮮殖産銀行】

朝鮮総督府の制令にもとづき,朝鮮各地に分立していた農工銀行6行を合併して1918年に設立された特殊銀行。従来の農工銀行が資金力弱体で農工業部門への拓殖長期資金の貸付けが不十分であったために設立された。払込資本金の10倍(のち15倍)を限度とする債券発行で原資を得,朝鮮内のおもに農業部門への貸付けを行った。とくに朝鮮産米増殖計画とのかかわりが大きく,東洋拓殖株式会社とともにその推進機関とされた。農事改良,土地改良ならびに水利事業への貸付けがとくに多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android