コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土地改良 トチカイリョウ

4件 の用語解説(土地改良の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とち‐かいりょう〔‐カイリヤウ〕【土地改良】

湿田の排水、用水改良、畑地灌漑(かんがい)、耕地整理などによって、土地の性質を改良すること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とちかいりょう【土地改良】

土地を農業的に,かつ永久的に利用する目的で,資本を投下し,農地の開発,改良,保全などを行う経済行為をいう。土地改良の理論的形態は,大別すると三つある。第1の形態は,土地の自然的豊度を不生産的にしている障害を人工的に除去,より優れた生産機能を土地に発揮させる土地改良で,用水不足の土地に必要な用水を人工的に導く用水改良,低湿な土地の過剰水を排除する排水改良,土壌改良のために他の場所から目的にかなった土壌を搬入・散布する客土などがこれに該当する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とちかいりょう【土地改良】

客土や区画整理、灌漑かんがい・排水の整備などを行なって、農地の生産性を高めること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土地改良
とちかいりょう
land improvement

農業生産性の向上を目的として、土地の物理・化学条件、区画形状などを農業土木学的手法を用いて改良することで、灌漑(かんがい)排水(ダム、頭首工(とうしゅこう)、用排水路改修、ポンプ、暗渠(あんきょ)排水、温水施設)、区画整理、客土など既耕地の改良と開拓、草地改良、干拓など農用地の開発ならびに土壌侵食防止など農用地の保全に大別される。さらに近年では、農村地域の混住社会化に伴って農村の生活環境の整備も、これら土地改良と一体的に行われるようになっている。
 農業の生産手段のなかでも、とくに自然によって与えられる土地と水は、農業機械、肥料、品種改良、その他営農のための技術改良の効果を十全に発現させる基礎的条件をなす。このため、土地改良すなわち土地と水にかかわる生産条件の整備は「農業基盤整備」とも称されて、他の農業生産手段の改善措置と区分されて考えられている。
 土地改良は日本では水田農業の発展とともに古来営々として継続的に行われてきた。溜池(ためいけ)や条里制など古代における土地改良の成果が、代々の営農によって維持されて、今日に至るまでなおその効果を発揮しているのが認められる。このように、われわれが普段見慣れている農村地域の自然風物のうち、人の手の加わらないものはなく、河川、道路、水田、畑など、農耕と土地改良によって改造され保全されてきた自然こそ今日の国土の大半を占めているといっても過言ではない。
 土地改良の農業生産における効果は、次の二つに分かれる。第一は土地生産性の向上と安定である。土地改良事業のうち灌漑排水事業がこの効果をよくもたらす。第二は労働生産性の向上である。とくに区画整理や農道整備、乾田化などの土地改良事業によって農業の機械化が進展し、農業生産における投下労働時間の著しい減少が図られる。とくに近年の米需給関係に対応するために、水田を畑地としての高い生産性を兼ね備えた耕地(汎用(はんよう)耕地)にすることも土地改良に強く求められる課題となっている。
 土地改良は一定の区域の土地と水を対象とする公共的事業であり、土地のつながりや水利系統により関係者が共同して事業の実施にあたる。このため事業を実施するには受益農家による申請が必要で、同時に区域内の全受益農家の3分の2の同意が必要とされる(1949年制定の土地改良法)。受益農家は、土地改良法に基づく一種の公共組合である土地改良区を結成し、この土地改良区が土地改良事業の実施や、その負担金の徴収、造成された土地改良施設の維持管理などを行う。土地改良が、国民食糧の安定確保、水・土地など国土資源の有効かつ適切な開発・保全などに寄与するとの観点から、国および県など地方公共団体による助成の対象とされて各種補助制度が設けられている。
 昨今の農村における混住社会化の進展によって、農村地域における土地利用秩序の形成と、生活環境および生産基盤の整備との調和ある推進が必要となっている。土地改良事業は、農用地の改良と同時に、宅地、公共用地など非農用地の創設が可能であり、他の公共事業計画と一体的に実施されることによって、農村における秩序ある地域開発と生活環境整備の推進に資する事業としての性格を強くしている。[千賀裕太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の土地改良の言及

【土地区画整理】より

…しかし建物移転や用地買収を強引に行ったので市民の協力が得られず事業は進展しなかった。また,当時は農業の面で土地改良を行う必要から耕地整理が始められ,土地の交換分合によって土地整理を進める方法が行われていた。これらの経験が近代的な都市行政に用いられて日本独自の土地区画整理方式による都市計画事業が制度的に成立した。…

【農業】より

…第2次大戦後,これらの諸国はほとんどすべて独立して,自立した経済発展の道を歩むことになったが,今日なお,その経済発展は依然として不十分で立ち遅れ,これと結びついて農業の技術的・経済的発展も,一般に著しく不十分のままにとどまっている。物的,技術的な側面では,農業改良のための社会資本投下の不足などのため,土地改良や灌漑・排水施設など,農業生産基盤の整備・充実が著しく立ち遅れており,栽培技術などの技術改善も不十分である。社会経済的側面についても,旧来からの共同体的な生産形態が残存しているとか,一部少数の富裕な階級・階層が土地や生産手段の多くを支配しているなど,社会制度や農地制度(農地の所有・利用制度)の面で,なお大きな問題を残している場合が少なくない。…

※「土地改良」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

土地改良の関連キーワード商業的農業悪用アグロフォレストリー地役半永久的地域地区チャンネルプランメディアポリシー立体農業一時転用

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土地改良の関連情報