朝鮮産米増殖計画(読み)ちょうせんさんまいぞうしょくけいかく

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうせんさんまいぞうしょくけいかく【朝鮮産米増殖計画】

1918年の米騒動に示された日本の食糧問題の解決のため朝鮮の米穀生産力引上げを図って,朝鮮総督府が1920年から始めた土地・農事改良事業。当初の計画は,30ヵ年で耕種改善と80万町歩の土地改良を行うこととし,まず最初の15ヵ年で2億4000万円弱を投じて約43万町歩の土地改良を行い,約900万石の産米増収を図ったものである。着手の1~2年後に早くも計画が破綻しはじめたので,26年に産米増殖更新計画として改訂され再出発した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android