コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝鮮総督府 ちょうせんそうとくふ

6件 の用語解説(朝鮮総督府の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝鮮総督府
ちょうせんそうとくふ

日韓併合に伴って,1910年9月 30日朝鮮統治のために日本政府が設けた最高機関。第2次日韓協約 (1905) のもとに設けられた韓国統監府を前身とする。同年 10月1日総督府設置とともに寺内正毅統監が初代総督となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちょうせん‐そうとくふ〔テウセン‐〕【朝鮮総督府】

明治43年(1910)韓国併合により設置された日本の朝鮮支配の最高機関。昭和20年(1945)解体。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

朝鮮総督府【ちょうせんそうとくふ】

1910年日韓併合により日本が京城においた植民地統治機関。初代総督は寺内正毅。以後総督には陸海軍大将を任用。朝鮮の政務と軍務を統轄した。1919年の三・一独立運動を境として前半を〈武断政治期〉後半を〈文化政治期〉とする見解もあるが,一貫して軍事支配である点に変化はなかった。
→関連項目韓国統監府ソウル拓務省朝鮮朝鮮独立運動東亜日報雄基貝塚

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうせんそうとくふ【朝鮮総督府】

朝鮮史でいう日帝時代(日本帝国主義の支配期,1910‐45)に日本が朝鮮に置いた植民地統治機関。1910年8月の日韓併合を契機に韓国統監府と韓国政府の諸機関を統合し,完全なる植民地支配に適するように改編して同年10月に創設された。頂点に位する総督とその補佐役の政務総監の下に,中央には総督官房および総務,内務,度支,農商工,司法の5部を置き,別に所属官署として中枢院,警務総監部,鉄道局,通信局,専売局,印刷局,裁判所等とともに地方の13道(地方行政区)を組み込んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちょうせんそうとくふ【朝鮮総督府】

1910年(明治43)韓国併合により、従来の韓国統監府に代わって設置された朝鮮支配の最高機関。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朝鮮総督府
ちょうせんそうとくふ

1910年(明治43)の韓国併合とともに、韓国統監府を改変して同年9月30日公布(施行は10月1日)、設置された日本の朝鮮統治機関。以後1945年(昭和20)8月までの36年間にわたって朝鮮を支配した。長官の朝鮮総督(初代寺内正毅(てらうちまさたけ))は親任の武官で、立法、司法、行政の三権を一手に掌握し、そのうえ軍事権までもっていた。
 総督府は総務、内務、度支、農商工、司法の五部からなり、その下に九局が置かれた。さらにこのほかに警務総監部、臨時土地調査局などが設けられた。このなかで猛威を振るったのは憲兵警察であった。軍事警察である憲兵が普通警察を兼ねるこの特殊な治安機構は、朝鮮全土に張り巡らされ、「暴徒ノ討伐」から日本語の普及にまで及ぶ広範な権限をもち、言論、出版、結社の自由は完全に奪われた。さらに支配の基本方針として同化政策がとられ、朝鮮人を日本人化する同化教育が重視された。この強権の下で、朝鮮は日本の原料・食糧供給地、商品販売市場へと再編成されていった。これに対し1919年、朝鮮人は三・一独立運動を展開、民族をあげて抵抗した。そのため日本は支配政策の転換を迫られた。文官総督任用も可とし、憲兵警察を普通警察に改めたが、かえって警察力は増強され、同化政策は強化され、民族分裂政策が追求された。十五年戦争下に入ると、すべての朝鮮人は「人的資源」として徴用され、あらゆる物資は戦力増強のために徴発された。そのため殖産・農林局が廃止され、鉱工・農商局が新設(1943年12月)されるなど、戦時動員体制に対応するように総督府の機構も改変されたが、45年に廃止された。[宮田節子]
『朝鮮総督府『施政二十五年史』(1935) ▽山辺健太郎著『日本統治下の朝鮮』(岩波新書) ▽朴慶植著『日本帝国主義の朝鮮支配』上下(1973・青木書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝鮮総督府の関連キーワード池内宏京城帝国大学帝国主義在日朝鮮人汎イスラム主義反帝反帝国主義運動今西竜朴慶植義烈団

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

朝鮮総督府の関連情報