コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木の葉蝶 コノハチョウ

デジタル大辞泉の解説

このは‐ちょう〔‐テフ〕【木の葉×蝶】

鱗翅(りんし)目タテハチョウ科の昆虫。翅(はね)の表面は青色で光沢があるが、裏面褐色の黒いすじがあり、翅を閉じると枯れ葉そっくりになる。日本では沖縄県に分布 春》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

このはちょう【木の葉蝶】

タテハチョウ科のチョウ。開張約8センチメートル。はねは前後端がとがり、裏面は褐色で、静止すると枯れ葉に見えるので保護色の例として有名。表面は藍色で、前ばねの中央に斜めの広い橙色帯がある。沖縄本島を北限とし、台湾から東南アジアに広く分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

木の葉蝶の関連キーワード東南アジア沖縄本島藍色北限ばね開張

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android