木下寂善(読み)きのした じゃくぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木下寂善 きのした-じゃくぜん

1876-1942 大正-昭和時代前期の僧。
明治9年生まれ。京都妙法院の村田寂順に師事。天台宗宗会議長,教学部長などをつとめる。京都方広寺住職兼二尊院住職から大阪四天王寺住職となり,五重塔の復興などにつくした。昭和17年7月23日死去。67歳。福井県出身。天台宗大卒。号は霊堂

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例