コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木下寂善 きのした じゃくぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木下寂善 きのした-じゃくぜん

1876-1942 大正-昭和時代前期の僧。
明治9年生まれ。京都妙法院の村田寂順に師事。天台宗宗会議長,教学部長などをつとめる。京都方広寺住職兼二尊院住職から大阪四天王寺住職となり,五重塔の復興などにつくした。昭和17年7月23日死去。67歳。福井県出身。天台宗大卒。号は霊堂

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

木下寂善の関連キーワードレジスタンス文学おもなお雇い外国人アフリカ文学国際オリンピック委員会森一生シュペーアガダルカナルの戦い東条英機内閣リーンリットン

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android