コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村田寂順 むらた じゃくじゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村田寂順 むらた-じゃくじゅん

1838-1905 幕末-明治時代の僧。
天保(てんぽう)9年7月26日生まれ。出雲(いずも)(島根県)の人。天台宗。出雲鰐淵(がくえん)寺の住職。慶応4年(1868)神仏分離令による比叡(ひえい)山の危機に際し,太政官に建言して神仏一体を論じた。明治14年善光寺大勧進となり,29年天台座主にのぼる。明治38年10月29日死去。68歳。字(あざな)は慈修。号は恋西子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

村田寂順の関連キーワード木下寂善明治時代幕末天保

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android