コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村田寂順 むらた じゃくじゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村田寂順 むらた-じゃくじゅん

1838-1905 幕末-明治時代の僧。
天保(てんぽう)9年7月26日生まれ。出雲(いずも)(島根県)の人。天台宗。出雲鰐淵(がくえん)寺の住職。慶応4年(1868)神仏分離令による比叡(ひえい)山の危機に際し,太政官に建言して神仏一体を論じた。明治14年善光寺大勧進となり,29年天台座主にのぼる。明治38年10月29日死去。68歳。字(あざな)は慈修。号は恋西子。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村田寂順の関連キーワード天理教竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画韓国統監府岸沢式佐(5代)メチニコフ渡辺崋山アフガン戦争学級

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone