コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木使主望足 きのおみ もちたり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木使主望足 きのおみ-もちたり

?-? 奈良時代の官吏。
典薬寮に属し,まじないをもって悪気をはらう呪禁師(じゅごんし)を業とした。神護景雲(じんごけいうん)元年(767)外従五位下。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

木使主望足の関連キーワード奈良時代典薬寮

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android