悪気(読み)ワルギ

大辞林 第三版の解説

あっき【悪気】

悪いにおいの空気。濁った空気。
人に災いをなす気。 「 -ヲサル/日葡」

わるぎ【悪気】

人に害を与えようとする気持ち。悪意。 「 -があってしたのではない」
悪知恵。 「又あの子に-を付け/浄瑠璃・薩摩歌」
[句項目] 悪気を回す

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あっ‐き アク‥【悪気】

〘名〙
① わざわいをなす気。
※東京教育大本下学集(室町中)「胡椒〈略〉一説云皇后宮以椒塗壁温暖避悪気」
※日葡辞書(1603‐04)「Acqiuo(アッキヲ) サル」 〔新語‐明誡〕
② 濁った空気。くさい空気。〔日葡辞書(1603‐04)〕 〔文天祥‐正気歌序〕

わる‐ぎ【悪気】

〘名〙
① 人を憎悪する気持。また、人に害を与えようという心。悪意。わるごころ。わるげ。
※雑俳・折句大全(1803)「送り人に悪る気が無て恋が出来」
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一七「悪気(ワルギ)でした訳ぢゃアなからう」
② 意地の悪いまわり気。邪推の心。
※浮世草子・俗つれづれ(1695)五「本を禿がかしける。是にも悪気(ワルキ)まはしてもし又最前の伽羅すこし、くださりませいといひかかられては返事がむつかしいと」
悪知恵
浄瑠璃・薩摩歌(1711頃)中「又あの子にわる気を付、人の目をくらますは人かひよりものぶといやつ」

わる‐げ【悪気】

※欧米印象記(1910)〈中村春雨〉大陸横断日誌「別に悪気(ワルゲ)のある婦人にもあらざりしかと思ひ直せしものの」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

悪気の関連情報