コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呪禁師 じゅごんし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呪禁師
じゅごんし

令制に規定された典薬寮の職員。呪禁 (呪文をとなえて悪気を払うこと) すなわち,まじないのことを司った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅごん‐し【呪禁師】

律令制で、典薬寮の職員。呪禁によって病気の治療などをする。呪師。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じゅごんし【呪禁師】

日本古代の律令官制において,宮内省管轄の典薬寮に属した官人で,定員は2人。呪禁つまり〈まじない〉のことをつかさどったが,正八位上相当官である。呪禁は道教系統の方術とみられるが,呪禁師は呪文を唱え,一定の作法にしたがって悪気をはらい,病気や災難を除去した。そして767年(天平神護3)8月16日,大瑞と判定された瑞雲の出現によって〈神護景雲〉と改元された日に,関係のあった多くの官人たちとともに,呪禁師の末望足(すえのもちたり)が外従五位下を特授されて貴族官人の末席に列したケースがみえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じゅごんし【呪禁師】

病気平癒などのための呪文を唱えることを仕事とした人。律令制では典薬寮の職員。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

呪禁師の関連キーワード木使主望足韓国広足令制

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android