木履下駄(読み)ぽっくりげた

精選版 日本国語大辞典の解説

ぽっくり‐げた【木履下駄】

随筆守貞漫稿(1837‐53)二七「傾城町の禿は必ず用之、歩行の時こっぽりこっぽりと音する故に名付てこっぽり下駄と云、江戸にも有之、号てぽっくり下駄と云」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android