木彫人形十二支(読み)きぼりにんぎょうじゅうにし

事典 日本の地域ブランド・名産品「木彫人形十二支」の解説

木彫人形十二支[木工]
きぼりにんぎょうじゅうにし

中国地方鳥取県の地域ブランド。
岩美郡岩美町で製作されている。およそ200年前、作州(・岡山県北部)の木地師鳥取吉岡に移住して挽物をつくったのが始まり。泥絵具色した十二支像。1964(昭和39)年には、年賀切手の図柄にも採用された。鳥取県郷土工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android