コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木心乾漆像 もくしんかんしつぞう

大辞林 第三版の解説

もくしんかんしつぞう【木心乾漆像】

乾漆像の一。木心に麻布を貼り、その上に漆を塗り金箔をおくか、または白色の下地にして彩色した彫像。飛鳥時代からこの技法によってつくられた仏像が多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報