コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木心乾漆像 もくしんかんしつぞう

大辞林 第三版の解説

もくしんかんしつぞう【木心乾漆像】

乾漆像の一。木心に麻布を貼り、その上に漆を塗り金箔をおくか、または白色の下地にして彩色した彫像。飛鳥時代からこの技法によってつくられた仏像が多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

木心乾漆像の関連キーワード観音寺(京都府)西国三十三所日本美術天平彫刻飛鳥時代乾漆像神像麻布彫像金箔

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android