コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏像彫刻 ぶつぞうちょうこく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仏像彫刻
ぶつぞうちょうこく

仏陀および広義には仏教諸尊像の形像を造形的に表現した彫像。仏教の発展に伴い多種多様となる。尊像の種別から如来形,菩薩形,明王形,天部形,神将形,僧形,童子形,天女形,鬼形などに分類され,材質上からは木像,金銅像塑像乾漆像,石像,紙像,鉄像,塼 (せん) 像,陶像などに,用途上からは本尊像,脇侍像,碑像,龕 (がん) 像,持仏像,懸仏像などに分けられる。形態上からは立像,坐像,臥像,半跏 (はんか) 像などがあり,坐像には結跏趺坐 (けっかふざ) 像,倚 (い) 像,交脚像などがある。台座には蓮華座須弥座獅子座,鳥獣座,生霊座などがある。また印契,荘厳 (しょうごん) 具などにもおのおの異種がある。独尊像,三尊像,五尊像のほか数十人の群像もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

仏像彫刻[仏壇・仏具]
ぶつぞうちょうこく

中国地方、島根県の地域ブランド。
松江市で製作されている。檜・楠などを材料として使用。一木造寄木造などの伝統技法を用いて仏像が製作される。島根県ふるさと伝統工芸品。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

仏像彫刻の関連キーワードボロブドゥールアンコール朝大人の寺子屋木喰五行明満松久 宗琳半跏思惟像明珍 恒男土井きよ美高村東雲松久宗琳禅宗美術金剛峰寺松本良山竜門石窟嵯峨人形橋本朝秀鞏県石窟国風文化渡辺火山町田甲一

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仏像彫刻の関連情報