コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村片石 きむら へんせき

1件 の用語解説(木村片石の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村片石 きむら-へんせき

?-? 江戸時代後期の画家。
天保(てんぽう)(1830-44)ごろの人。中井藍江(らんこう)にまなび,山水および人物画にすぐれた。大坂出身。名は徳。字(あざな)は子順。通称は六蔵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

木村片石の関連キーワード阿部董琳上田華堂上松嘉陵奥田春林久間松翁小浦松園関根孔年高間六甲原田圭岳山本南谷