木版本(読み)もくはんぼん(英語表記)xylographic book; block book

図書館情報学用語辞典の解説

木版本

各ページの挿図と本文の両方を一緒に凸刻した版木(block)から印刷した本.刊本の一種で,版本ともいう.木版印刷自体の起源は7世紀半ばの中国であり,日本では奈良時代の摺経に見られた.慶長年間には朝鮮より銅活字がもたらされ,さらに木活字も使われたが,江戸時代出版物の多くは木版本であった.ヨーロッパにおいては,まずドイツやフランダース地方に伝わり,14世紀末から宗教的な版画やカルタが木版印刷されるようになった.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木版本の関連情報