木羅斤資(読み)もくら こんし

  • 木羅斤資 もくら-こんし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日本書紀」にみえる百済(くだら)(朝鮮)の将軍
神功(じんぐう)皇后摂政49年,新羅(しらぎ)(朝鮮)攻めに派遣された荒田別(あらたわけ)らに協力し新羅軍をやぶる。62年には新羅に買収された葛城襲津彦(かずらきの-そつひこ)にほろぼされた加羅(から)(朝鮮)を復興させたという。は木刕ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android