コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木羅斤資 もくら こんし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木羅斤資 もくら-こんし

日本書紀」にみえる百済(くだら)(朝鮮)の将軍。
神功(じんぐう)皇后摂政49年,新羅(しらぎ)(朝鮮)攻めに派遣された荒田別(あらたわけ)らに協力し新羅軍をやぶる。62年には新羅に買収された葛城襲津彦(かずらきの-そつひこ)にほろぼされた加羅(から)(朝鮮)を復興させたという。姓は木刕ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

木羅斤資の関連キーワード木満致

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android