コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木葉山 もくようざんMu-ye-shan; Mu-yeh-shan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木葉山
もくようざん
Mu-ye-shan; Mu-yeh-shan

内モンゴル東部のシラムレン (潢水) とラオハ (老哈) 2川の合流点付近に位置した契丹族の聖山。白馬に乗りラオハ川を下ってきた男子 (神人) と青牛の引く車に乗りシラムレンを下ってきた女子 (天女) が木葉山で夫婦となり,8子を産んで契丹族の祖となったという。始祖説話との関係で,天神地祇 (てんしんちぎ) を祀り,さらに木葉山神を祀る聖山として,古来契丹人の信仰の一中心地となった。遼代に木葉山で催された拝天儀式 (祭山儀) は中国王朝の郊祀に代る国家最高の儀礼とされ,またみだりに入山すれば死罪に処せられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

木葉山の関連キーワード熊本県玉名郡玉東町玉東(町)玉東[町]

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android