コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郊祀 こうしJiao-si

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

郊祀
こうし
Jiao-si

古代中国の天子が,柴を焚いて,冬至には国都南郊で天を,夏至には北郊で地を祀った大礼。天を祀るには円丘を,地を祀るには方形の壇をつくる。帝王威厳を示すもので,清末まで行われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐し〔カウ‐〕【郊×祀】

古代中国で、天子が郊外で行った天地をまつる大礼。冬至には国都の南で天をまつり、夏至(げし)には北郊で地をまつった。郊祭。郊礼。郊社

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうし【郊祀】

古代中国で、帝王が国都の郊外に壇を築き天地をまつる儀式。漢代以降は帝王の特権となり、その威厳を誇示する祭祀さいしとなった。八~九世紀、日本でも行われた。郊社。郊祭。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の郊祀の言及

【郊祭】より

…中国古代において,皇帝がその国都の郊外で天または地をまつった祭祀をいう。〈郊祀〉ということが多い。天地をまつることは,《礼記(らいき)》《周礼(しゆらい)》などの経書に散見されて,古くから行われていたようであるが,その起源の詳細については不明。…

【后土祠】より

…后土は皇天に対する語で,地祇(ちぎ),皇地祇ともいう。天と地のまつり(郊祀(こうし))と祖先のまつり(宗廟(そうびよう))とは旧体制の中国において最重要の国家祭祀であった。后土のまつりも古代から行われたが,長らく欠けたままになっていたので,漢の武帝は山西省の汾陰(ふんいん)に后土祠を建てて復活させた。…

【壇】より

…歴代の皇帝は,天命を受けて政をしく天子として,上帝をまつってその功徳に報ずる儀式を行うのがつねであった。その祭祀には,とくに霊山聖域を選んで行う封禅(ほうぜん)と,主として都城の郊外で行われる郊祀とがあった。封禅は,山上に土を盛り壇を築いて天をまつる封拝と,山下に土を平らにし塼(ぜん)(また壇,禅)をつくって地をまつる禅祭とを併称する。…

【天】より

…天の子として天の意志を代行し,天下に君臨する王者にとっては,天は自己の権威と支配の根拠であり,かつまた王朝の命運の支配者と考えられていたから,天に強い関心を抱かざるをえないのは当然である。そのもっとも端的なあらわれが天の祭り(郊祀(こうし))にほかならない。郊祀は皇帝の重要な義務として,また彼にのみ許された特権として,歴代とり行われた。…

※「郊祀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

郊祀の関連キーワード五経博士后土祠木葉山仙人掌楽府国見玉海祭文儀式特権雅楽本草