木鞘巻(読み)きさやまき

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐さやまき【木鞘巻】

〘名〙 鞘、柄(つか)ともに木地のままで、塗ってない鞘巻。
太平記(14C後)三五「出仕の時は、木鞘巻(サヤマキ)の刀を差し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる