コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鞘巻 サヤマキ

デジタル大辞泉の解説

さや‐まき【×鞘巻】

腰刀の一。鞘に葛藤(つづらふじ)つるなどを巻きつけたもの。中世には、その形の刻み目をつけた漆塗りとなる。

そう‐まき〔さう‐〕【×鞘巻/左右巻】

さやまき」の音変化。
「白き水干に、―をささせ」〈徒然・二二五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さやまき【鞘巻】

つばのない短い刀。鞘に葛藤つづらふじのつるを巻いたもの。のち漆塗りでつるを巻いた形を模したものとなった。腰刀こしがたな用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鞘巻の関連キーワード七献の引き出物・七献の引出物白拍子・素拍子鞘巻・左右巻七献の引出物差し誇らかす誇らかす白拍子白鞘巻小さ刀三所物木太刀水干短刀腰刀男舞

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android