木食明満/木喰明満(読み)モクジキミョウマン

デジタル大辞泉の解説

もくじき‐みょうまん〔‐ミヤウマン〕【木食明満/木喰明満】

[1718~1810]江戸後期の甲斐の人。45歳で木食戒を受けて守った。千体仏造像を発願して全国を遊行、素朴で円満なの木彫仏を多く残す。木食五行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android