コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木食明満/木喰明満 モクジキミョウマン

デジタル大辞泉の解説

もくじき‐みょうまん〔‐ミヤウマン〕【木食明満/木喰明満】

[1718~1810]江戸後期の僧。甲斐の人。45歳で木食戒を受けて守った。千体仏造像を発願して全国を遊行、素朴で円満な相の木彫仏を多く残す。木食五行。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

木食明満/木喰明満の関連キーワード安保理決議1695と1718クライスト国連安保理決議と議長声明カール[12世]カールカルル12世カルル12世行道木食五行木喰五行明満

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android