コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

未収金勘定 ミシュウキンカンジョウ

デジタル大辞泉の解説

みしゅうきん‐かんじょう〔ミシウキンカンヂヤウ〕【未収金勘定】

簿記で、商品の売り上げなど企業の主たる営業取引によって発生する債権ではなく、不用になった備品の売却などの取引によって発生する債権を処理する勘定。⇔未払金勘定

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

未収金勘定の関連キーワード簿記

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android