コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

未収金勘定 ミシュウキンカンジョウ

デジタル大辞泉の解説

みしゅうきん‐かんじょう〔ミシウキンカンヂヤウ〕【未収金勘定】

簿記で、商品の売り上げなど企業の主たる営業取引によって発生する債権ではなく、不用になった備品の売却などの取引によって発生する債権を処理する勘定。⇔未払金勘定

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例