未必故意(読み)みひつのこい

精選版 日本国語大辞典「未必故意」の解説

みひつ‐の‐こい【未必故意】

連語〙 行為者が、犯罪事実の発生することを積極的に意図したわけではないが、自分の行為からその結果が発生するかも知れないと思いながら、なおその行為に及ぶときの意識。
※註釈警務全書(1920)〈草刈融・植松金章〉刑法に発砲する際傍に人あり若し過たば或は人に命中するやも知れず、仮りに命中することあるもなりと決心して発砲する場合の如きは殺人罪に対する未必の故意ありと解す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android