末吉暁子(読み)すえよし あきこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

末吉暁子 すえよし-あきこ

1942- 昭和後期-平成時代の児童文学作家。
昭和17年8月27日生まれ。「星に帰った少女」で昭和53年日本児童文学者協会新人賞などをうける。論理性と空想性の一致したファンタジー作品をかきつづけ,61年「ママの黄色い子象」で野間児童文芸賞。平成11年「雨ふり花さいた」で小学館児童出版文化賞。神奈川県出身。青山学院女子短大卒。作品はほかに「地と潮の王」「ざわざわ森のがんこちゃん」シリーズなど。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

末吉暁子の関連情報