コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

まま ママ

2件 の用語解説(ままの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まま[接助]

[接助]《名詞「まま(儘)」から》用言または助動詞の連体形に接続する。
(多く完了の助動詞「た」に続けて「…たまま」の形で用いる)ある動作や状態が保たれた状況で、別の動作がなされる意を表す。「物音ひとつしないまま、時は過ぎた」「テレビをつけたまま、眠ってしまった」
候文(そうろうぶん)の手紙などに用いて、理由を説明する意を表す。…ので。…によって。「是非一度お目にかかりたきまま、御都合の程お聞かせ願えれば幸甚に存じます」
[補説]語源については、1を「ままで」の転、2を「ままに」の転とする説もある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まま

( 接助 )
〔名詞「まま(儘)」から〕
用言または助動詞の連体形に接続する。
(完了の助動詞「た」に付き、「…たまま」の形で)上の句によって示される状態が保たれている状況で、次の行動がなされることを表す。ままで。 「机に向かった-、何もしないでぼんやりしていた」
(候文そうろうぶんなど、手紙文に多く用いられて)事情をあげて理由の説明をするのに用いる。…ので。…によって。ほどに。あいだ。 「旅行中のお話など承りたき-、是非御来駕のほどお待ち受け申し上げます」 「御面談致したく存じ候-、一両日中に御来社願い上げ候」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ままの関連情報