コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末松保和 すえまつ やすかず

1件 の用語解説(末松保和の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

末松保和 すえまつ-やすかず

1904-1992 昭和時代の朝鮮史学者。
明治37年8月20日生まれ。朝鮮総督府修史官をへて,昭和14年京城帝大教授となる。敗戦で帰国,24年に学習院教授となり,27年から学習院東洋文化研究所を主宰する。専攻は朝鮮古代史,日朝関係史。平成4年4月10日死去。87歳。福岡県出身。東京帝大卒。著作に「任那興亡史」「日本上代史管見」「新羅史の諸問題」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の末松保和の言及

【紀年論】より

…また崩年干支は景行,垂仁,安康,清寧,顕宗,仁賢,武烈,欽明,宣化の各天皇記には存在しない。このことから末松保和は崩年干支を各天皇記から切りはなして一連の史料群と考えたが,水野祐は逆に崩年干支の存否をもって天皇の実在・非実在の論拠とし,有名な三王朝交替説を提唱した。以上のように《日本書紀》の紀年よりも古く,また信じられてきた《古事記》崩年干支も,倭の五王の比定年代と必ずしも整合せず,また欽明天皇に崩年干支がないことからなお史料批判を要するものである。…

※「末松保和」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

末松保和の関連キーワード江戸時代の朝鮮通信使青柳綱太郎井上秀雄梶村秀樹姜在彦中村栄孝朴慶植旗田巍古田博司三木栄

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone