末次梧郎(読み)すえつぐ ごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

末次梧郎 すえつぐ-ごろう

1892-1935 大正-昭和時代前期の司法官。
明治25年生まれ。大正8年検事となり,大阪地方検事局をへて,昭和2年大阪控訴院検事。島徳蔵の証券取引所違法事件,松島遊廓疑獄事件などで活躍。のち思想係検事をつとめた。昭和10年12月19日死去。44歳。佐賀県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android