コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末長く スエナガク

デジタル大辞泉の解説

すえ‐ながく〔すゑ‐〕【末長く】

[副]遠い将来までいつまでも。これから先も長くずっと。「末長くお幸せに」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

末長く

堀内製菓(埼玉県熊谷市)が製造・販売する和菓子。5~6センチ程度の長さが一般的な同県銘菓五家宝」を、長さ60センチの太巻きに仕上げたもの。好みの長さに切って食する。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

すえながく【末長く】

( 副 )
これから先長く。 「 -お幸せに」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

末長くの関連キーワード五百八十年七回り砂長じて巌となるチャビン文化蒙古襲来絵詞五百八十年水間沾徳幾久しい千代の春文正草子何時迄も総乃寒菊幾久しく末始終縁・椽万年筆玉椿初亀長珍

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

末長くの関連情報