和菓子(読み)わがし

百科事典マイペディアの解説

和菓子【わがし】

日本特有の菓子で中国(唐菓子)や西洋(南蛮菓子)の影響を受けて発達。米とアズキ餡(あん)が主材料となった甘味の強いものが多い。茶の湯との関係も深く,精巧で季節感を盛ったものが作られている。生菓子は品質の変わりやすい菓子で,練切り求肥(ぎゅうひ)の上生菓子もあるが,〈朝なま〉と呼ばれ,当日中に食べぬと味のおちる並生菓子には,大福餅(もち),桜餅,かしわ餅,草餅などの餅菓子類や,草だんご,鹿の子(かのこ)など大衆的な菓子が多い。またやや保存性のある半生菓子(石衣(いしごろも),最中(もなか)など),保存性の高い干菓子(おこし,落雁(らくがん)など)がある。このほか蒸物(蒸饅頭(まんじゅう),蒸羊羹(ようかん)),棹物(さおもの)(羊羹,外郎(ういろう),金玉糖など),焼菓子(栗(くり)饅頭,どら焼など),掛物(九重(ここのえ),五色豆など),飴(あめ)菓子,砂糖漬などがある。→菓子

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わがし【和菓子】

和風の菓子,日本の伝統的な菓子といった意味であるが,おおむね江戸時代までに中国やヨーロッパから製法を伝えられ,それを日本化したものが多い。米・麦その他の穀粉,葛(くず)粉・ワラビ粉などのデンプン,アズキ・大豆などの豆類,および砂糖を主材料とする甘味のものが多く,鳥獣肉,乳製品はまったく使わず,油脂も水溶きした穀粉を焼くときに少量の植物油をひく程度にしか用いず,香辛料の使用も少ない。食味の面からすると,茶の湯を中心として普及してきた緑茶の飲用にふさわしいものとして形成されており,色彩・形態の美しさとともに,草木の葉などを利用して豊かな季節感をもっているのが特徴である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

わがし【和菓子】

洋菓子に対して、日本風の菓子をいう。羊羹ようかん・最中もなか・餅菓子・饅頭まんじゆう・求肥ぎゆうひなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和菓子
わがし

日本特有の菓子あるいは日本風の菓子のことで、まんじゅう、羊かん、落雁(らくがん)、求肥(ぎゅうひ)、煎餅(せんべい)、飴(あめ)など生(なま)菓子、干菓子をくるめて日本的な風味を形成してきたものをいう。和菓子は洋菓子に対して生まれたことばであり、バターやミルクを材料に用いた菓子と、肉食禁忌の環境で育てられた穀類、果実、山草本位の菓子を区別して、明治以降に和菓子と称するようになった。季節感を豊かに盛り込んでいるのも和菓子の特徴である。[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

和菓子の関連情報