本国織(読み)ほんごくおり

大辞林 第三版の解説

ほんごくおり【本国織】

日本で織られた婦人用の帯地。 〔中国製が上質とされた近世中頃から明治30年頃まで用いられた語〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほんこく‐おり【本国織】

〘名〙 (「ほんごくおり」とも) 日本製の婦人帯地用の織物。江戸時代、元祿一六八八‐一七〇四)頃から明治三〇年(一八九七)ぐらいまでの呼称で、当時、帯地は中国製のものが上質とされ、それに対していわれた。本国。
※人情本・春色恵の花(1836)二「御納戸天鵞絨(びらうど)と本国織(ホンゴクオリ)の、腹合せの平ぐけ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる