元祿(読み)げんろく

精選版 日本国語大辞典の解説

げんろく【元祿】

[1] 江戸時代、東山天皇の代の年号。貞享五年(一六八八)九月三〇日、代始により改元。五代将軍徳川綱吉の時代。元祿一七年(一七〇四)三月一三日、宝永と改元。出典は「宋史志」の「以仁守位、以孝奉先、祈福逮下、侑神照徳、恵綏黎元、懋建皇極、天祿無彊、霊体允廻、万業其昌」。
[2] 〘名〙
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉一〇「紫の裾模様の小袖に金糸の刺繍(ぬひ)が見える〈略〉袖は丸くて短い。是が元祿かと三四郎も気が付いた」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一〇「元祿とは何の事だとだんだん聞いて見ると、中形の模様なら何でも元祿ださうだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android