本多 熊太郎(読み)ホンダ クマタロウ

20世紀日本人名事典の解説

本多 熊太郎
ホンダ クマタロウ

明治〜昭和期の外交官,外交評論家 駐華大使。



生年
明治7年12月8日(1874年)

没年
昭和23(1948)年12月18日

出生地
和歌山県

学歴〔年〕
東京法学院(現・中央大学)〔明治27年〕中退

経歴
明治31年外交官補試験合格、31年清国在勤、同年ベルギー留学。34年小村寿太郎外相秘書官となり、日露ポーツマス講和会議に随行。その後外務省文書課長、ハルビン総領事、英大使館参事官、大正7年スイス公使、10年オーストリア公使、13年ドイツ大使。15年退官後外交評論家として幣原軟弱外交を非難、国本社などの国家主義団体に関係。昭和15年松岡外相に再起用され駐華大使として汪政権との交渉に当たるが、16年辞任、19年外務省外交顧問。20年戦犯容疑で逮捕されるが、27年公職追放解除。著書に「軍縮会議と日本」「魂の外交」「支那事変外交観」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

本多 熊太郎 (ほんだ くまたろう)

生年月日:1874年12月8日
明治時代-昭和時代の外交官
1948年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android