コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多忠考 ほんだ ただなか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多忠考 ほんだ-ただなか

1805-1879 江戸時代後期の大名。
文化2年生まれ。本多忠顕(ただあき)の4男。はじめ母方の姓を名のり乙見敬次郎といった。文化11年本多姓にあらため,文政4年三河(愛知県)岡崎藩主本多家(定通系)4代となる。明治12年11月21日死去。75歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

本多忠考の関連キーワードボアボードランおもなお雇い外国人ネルソンネルソンゲーテとシラーの霊廟トラファルガー広場ワイマールのシラーの家序曲エルデンボー(額勒登保)ムハンマド・アリー

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone