コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多忠顕 ほんだ ただあき

美術人名辞典の解説

本多忠顕

岡崎藩本多家当主。松平頼謙の次男。本多家の養子となる。従五位下、中務大輔に任じられる。天保9年(1838)歿、63才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多忠顕 ほんだ-ただあき

1776-1838 江戸時代後期の大名。
安永5年4月16日生まれ。伊予(いよ)(愛媛県)西条藩主松平頼謙(よりかた)の次男。本多忠典(ただつね)の養子となり,寛政2年三河(愛知県)岡崎藩主本多家(定通系)3代。在任中に藩財政の立て直しをめぐって,改革派と忠顕をかつぐ反改革派が対立し,改革は失敗におわった。天保(てんぽう)9年3月4日死去。63歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

本多忠顕の関連キーワード本多忠考桜間青涯