コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本質放出物 ほんしつほうしゅつぶつessential ejecta

岩石学辞典の解説

本質放出物

火山砕屑岩の構成物としては,マグマが噴出したような直接同源の成因の火山性物質に用いられる[Johnston-Lavis : 1885].本質(essential)はマグマから直接由来した場合に用いる.

本質放出物

本質的同源物質の放出物で,マグマがすでに冷却したもの[Lacroix : 1930].フランス語のmetageneは本質の意味.

本質放出物

本質的な同源放出物で,白熱した状態で噴出したものをいう[Lacroix : 1930].フランス語のneogeneは本質の意味.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

本質放出物の関連キーワード火山砕屑丘自生放出物

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android