コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同源放出物 どうげんほうしゅつぶつcognate ejecta

岩石学辞典の解説

同源放出物

火山砕屑岩に用いられる語で,火山性の物質が,(1) 直接火口からでたマグマが爆発で破砕されたもの.これは本質的(essential)といわれる.(2) 同じ火口あるいは円頂丘が発達する早期に形成された熔岩または火山砕屑物に由来するもの,これは類質(accessory)といわれる.(3) 粗粒の結晶質の岩石で成因的に火山の熔岩に関係するもの,これは深成同源(plutonic cognate)または準火山性(subvolcanic)といわれる[Blyth : 1940].ラテン語のcognatusは関係したという意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

同源放出物の関連キーワードホモエオジン放出物準火山性放出物自生放出物本質放出物

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android